離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


JR・京成・モノレール千葉駅から徒歩3分

初回60分無料 相談予約受付中 平日の夜間/土曜日の予約も可
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

離婚を弁護士に依頼すると裁判になる?

こんにちは。
弁護士の鶴岡です。

弁護士を頼むと、裁判(訴訟)になると思っておられる方が少なからずいます。
弁護士=裁判というイメージが強いのだと思います。
しかし、これは誤解です。

離婚は、当事者の話し合いでまとまる場合(協議離婚)、裁判所の調停でまとまる場合(調停離婚)、
裁判中話し合いでまとまる場合(和解離婚)、裁判の判決で決まる場合(裁判離婚)などいろいろなケースがあります。

これらどの段階でも弁護士に依頼することは可能です。

意外と知られていないのが、協議離婚の際、弁護士を代理人にたてて、自分の代わりに相手と交渉してもらうという弁護士の利用方法です。
当事者だけで話をしていてもまとまらない場合も、弁護士が交渉すると話し合いがまとまることはよくあります。
もし協議で離婚しなかった場合の今後の見通しを専門家が具体的に説明することで相手を説得しやすくなるからです。
また、当事者だけだと感情論に陥ってしまいがちです。
そこを弁護士が入ることで感情に流されずに争点が明確にできるというのもメリットです。
紛争を長引かせることはどちらにとってもあまりいいことはありません。
裁判所を利用しないで離婚がまとまるのであれば、それに越したことはないと思います。

調停や裁判になると、1か月に1回のペースでしか話が進まないですし、1回にできることが限られているので、時間がかかります。
調停は、多くの場合半年はかかりますし、裁判は1年くらいかかります。
日本では、裁判の前に調停を経なければならないので、調停と裁判をあわせて約1年半かかったりします。
また、裁判では証拠が必要になるので、証拠がないケースではなかなか勝つのが難しいです。

ですので、やみくもに調停や裁判にするのではなく、協議になじむケースは積極的に協議離婚を進めていくべきだと思います。

弁護士の中には、離婚の相談をするとすぐに「では調停を申し立てましょう」と回答する人もいます。
「いまの状況では裁判になったら離婚できないからとりあえず別居して何年か待つしかない」というアドバイスをする人もいます。

もちろん、これらのアドバイスも間違いではありません。
しかし、まずは協議離婚はできないかという観点から考えることがとても重要だと思います。

調停や裁判で離婚する人は極一部です。
世の中のほとんどの夫婦は協議で離婚するのです。
もめているケースでも弁護士が入ることで協議離婚できることがあります。
当事務所では、離婚の早期解決を目指し、積極的に協議離婚に取り組んでおります。
苦しい毎日から解放されて、すっきりした人生を送りましょう。

Return Top