離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

妻から婚姻費用月15万円,慰謝料500万円,財産分与,養育費月10万円の請求→婚姻費用7万円,慰謝料100万円(分割),財産分与なし,養育費5万円で離婚を成立させた事例

お名前
Dさん
ご依頼前の状況
婚姻費用15万円、慰謝料500万円、財産分与、養育費10万円を妻から請求。
ご依頼後の状況
婚姻費用7万円、慰謝料100万円、財産分与なし、養育費5万円で調停成立。

ご依頼前の状況

妻から暴力・不貞を理由に調停申立て。夫は,離婚までの婚姻費用15万円,慰謝料500万円,財産分与,養育費10万円を請求されていた。

ご依頼後の状況

弁護士は,調停の日だけでなく,調停の間に相手方と何度も連絡をとり、条件を調整した。
粘り強い交渉により,婚姻費用を7万円にまで減額,3ヵ月後には慰謝料を100万円(分割払い),財産分与なし,養育費5万円という大幅な減額が叶い調停成立となった。

同じような状況で悩まれている方へ

妻からの慰謝料、養育費等の金銭的な請求をされている場合、その額が妥当な金額なのか検討してみる必要があります。
また、たとえ妥当な額だとしても、自分の収入から考えて到底支払えない場合は、減額や分割払いの交渉がうまくいくケースもあります。

今回のケースは弁護士が調停の日以外でも妻と何度も交渉して夫の支払能力を理解してもらった結果、実際に支払い可能な額で解決をすることできました。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top