離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

親権争いの後,夫が親権取得,妻から慰謝料250万円と養育費月2万円を獲得した事例

名前
Fさん
ご依頼前の状況
親権に争いあり
ご依頼後の状況
男性で親権取得、妻から養育費月2万、不貞による慰謝料250万にて調停成立

ご依頼前の状況

妻が不貞をし子どもを残して家を出て行った。妻から離婚請求とともに,子の引き渡し,監護者指定等の審判の申立てをされる。

ご依頼後の状況

まだ子どもが乳児であったこと,妻が自宅を出て数か月しか経っていなかったこと,妻が不貞相手と別れたこと,妻の親族が子育てに協力的であったこと等から夫に不利な事情も多く存在した。

しかし,担当弁護士は,依頼者の方の男手1つで子どもを育てていく強い覚悟がよくわかったため,やれることは全てやる,依頼者の人生がかかっているという強い覚悟で臨んだ。

証拠収集を徹底的に行い,妻が出ていった後の夫の献身的な子育ての状況がわかる詳細な証拠と妻の素行不良がわかる証拠を大量に提出,また夫の親族の協力も得られたこと等から,夫の主張が全面的に認められ,親権者を父親として離婚し,慰謝料250万円と養育費も獲得した。

乳児で父親が親権を獲得できるケースは非常に稀である。
しかし,妻が出て行った後の数か月間,夫は子ども中心の生活に完全に切り替え,必死で子育てをしていた。
担当弁護士が夫から詳細な事情を聴取し,それに関わる証拠を徹底的に洗い出し,夫と共に二人三脚で勝ち取った結果であった。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top