離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

夫からのモラルハラスメントを理由に妻が離婚を希望していたが,夫は離婚拒否,モラハラは否定,その後離婚に合意し,解決金50万円を獲得した事例

名前
Jさん
ご依頼前の状況
夫のモラルハラスメントを理由に妻から離婚請求するも、拒否。モラルハラスメントについても認めず慰謝料支払い拒否。
ご依頼後の状況
離婚が成立し、慰謝料についても0円→50万円を認めさせる。

ご依頼前の状況

長期間にわたる夫からのモラルハラスメントにより、心身ともに疲弊していたJさん。
夫と直接、離婚について話し合うことすらできない状態のため依頼することになった。

当初、夫は離婚を拒否,モラハラも完全に否定し慰謝料の支払いをともに拒否していた。

ご依頼後の状況

妻側から調停を申し立てをしたところ、夫側も代理人をつけたが、依然として慰謝料については拒否。
モラルハラスメントを立証することは非常に難しく、難航することが見込まれた。
しかし調停で,諦めずにモラルハラスメントの具体的な事実を説明するとともに,調停中に行われた引越作業を通じて夫のモラハラの証拠をとることができ,解決金を払ってもらえることに。

ご依頼された頃は精神的な疲労が重なっていたため、弁護士とのコミュニケーションもとることが困難だったJさん。
離婚が成立したときにはJさんは前向きにこれからの人生ととらえ、笑顔が多くなった。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top