離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

2人の不貞相手から合計300万円の慰謝料を3ヶ月で獲得した事例

名前
Vさん
ご依頼前の状況
不貞相手との直接の交渉で精神的にお辛い状況
ご依頼後の状況
慰謝料300万円獲得

ご依頼前の状況

長年連れ添ってきた夫に2人(Aさん・Bさん)との不貞があることが発覚。
多数証拠もあり,夫も不貞相手2人も不貞については認める。
しかしながら,Vさんは,Aさんとの直接の交渉に疲弊,Bさんの方は連絡先がわからず,当事務所に慰謝料請求をご依頼された。

ご依頼後の状況

弁護士は,Aさんにすぐ連絡するとともに,Bさんの住所調査を実施。
Aさんに300万円,Bさんにも300万円の請求をした。

Aさんはすぐに代理人をつけて,交渉が開始された。Aさんは不貞の事実は認めるが,不貞期間が短期間であることやAさん以外にも不貞相手がいることを理由に100万円への減額主張。
Aさんと夫が話している不貞の事実は一致しており,それ以上の証拠はないため100万円の支払いにて示談することになる。Aさんとの解決までに1か月もかからなかった。

Bさんは代理人をつけずに本人との交渉となった。
こちらも不貞の事実は認めていたが,やはり300万円の支払いには難色を示した。しかしBさんは不貞期間も長く,証拠も多数残っていた。
そのためAさんと同額で納得することはできず,一括払いを条件に200万を提示する。
それに対しBさんはこちらが持っている証拠をすべて破棄するのであれば,200万円を支払うと回答がある。
これに双方が同意し,Bさんとは200万円で示談することに。

紛争の相手方と直接交渉することは,精神的にもとても辛いことです。弁護士が間に入って交渉することで,負担を軽減できます。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top