離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

無収入の夫から離婚を拒否されていたのを調停・協議で離婚成立に導いたケース

名前
S.Uさん
ご依頼前の状況
夫が離婚を拒否しており,膠着状態。
ご依頼後の状況
調停と調停外の協議を経て,面会交流の取り決めをし,離婚成立。

ご依頼前の状況

S.Uさんは,一切働かず,お金の無心をしてくる夫と離婚を考えていた。
夫婦で話し合いをしていたが,夫が断固として離婚に応じず,ご依頼となった。

ご依頼後の状況

担当弁護士は,夫の性格やこれまでの協議の様子,夫に持病があり,無職無収入であったこと等から,夫が離婚に合意するのは難航を極めると予想していた。
そこで,協議から入るのではなく,すぐに調停を申し立てて調停でじっくり話し合うと共に,調停外での協議もあわせて行う方針を選択した。
夫はまだやり直せる,離婚したい理由がわからない,妻の本心を聞きたいと主張していた。

調停間に,相手方代理人を含めた4者面談を複数回行った。
面談の度にS.Uさんの離婚の意思を夫に強く伝え続けた。
夫は,面談と調停を経て,離婚には応じる姿勢になったが,今度は面会交流や離婚後の姓のことで細かい要求をしてきた。
弁護士は,無理な点は無理と明確に主張するとともに,夫が不安に思っている点については丁寧に説明し,面会交流で実現可能なところは譲歩することで条件のすり合わせを行った。
その結果,無事,離婚成立に至った。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top