離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


JR・京成・モノレール千葉駅から徒歩3分

初回60分無料 相談予約受付中 平日の夜間/土曜日の予約も可
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

慰謝料の支払を拒否され養育費の額でも争っていたが,解決金160万円,養育費月2万円で離婚を成立させたケース

名前
S.Eさん
ご依頼前の状況
夫の不貞が原因で別居するも,慰謝料支払拒否,養育費の額も納得できず交渉決裂。
ご依頼後の状況
解決金160万円,養育費月2万円を獲得し,離婚成立。

ご依頼前の状況

依頼者S.Eさんは夫の不貞が原因で別居をしていた。
夫からは不貞したことに対する謝罪もなく,また夫の両親からもS.Eさんに非があるような言葉をかけられていた。
夫は婚姻費用を払わず,子どもの児童手当も依頼者へ渡すこともなかった。
連絡をしても無視されるようになり,ご依頼となった。

ご依頼後の状況

弁護士はまず離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てた。
夫も代理人をつけて調停で話し合いが行われた。
調停を申し立てたことで,夫が受け取った児童手当は渡してもらえるようになり,婚姻費用の支払いも開始された。
ただ,夫はS.Eさんにも非があり,謝罪もしたので慰謝料は支払わない,お金がないので養育費も月1万円しか払えないと主張していた。

夫は裁判になることや不貞相手の女性に慰謝料請求されることを嫌がっていた。
そのため,弁護士は,調停で必ず解決できると見込んでいた。
夫はお金がないことを示す資料等を提示したり,慰謝料や養育費を支払えないことを強調していたが,夫の両親にある程度お金があることは想定できたため,条件をすぐに下げず,粘り強く話し合いを続けた。

その結果,解決金160万円一括,養育費は月2万円(算定表より高め)で調停成立となった。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top