離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

元妻から多額の養育費を繰り返し要求されていたが,大幅に減額したケース

名前
S.Oさん
ご依頼前の状況
元妻から多額の養育費を請求され,連絡が頻繁に来ている状況
ご依頼後の状況
適正な養育費で調停成立となり,元妻からの連絡もなくなった。

ご依頼前の状況

依頼者であるS.Oさんは,元妻から養育費名目で,子らにかかる費用をすべて負担させられていた。
支払わないと頻繁にメールや電話がきたり,家まで押しかけてくるため,やむなく支払わなければならないような状況になっていた。
このままでは,元妻は勤務先にも来そうな状態であった。
ご自身での対応が難しくなり,ご依頼となる。

ご依頼後の状況

まず弁護士は養育費減額調停を申し立てた。
また,元妻に対してもS.Oさんへの連絡をやめるように書面をだした。
元妻は弁護士に対し,繰り返し多額の金銭を要求してくるようになった。
弁護士は,毅然とした対応を示した後,元妻の主張や性格から調停以外に交渉することは得策ではないと判断し,元妻とは調停のみで話すことにした。

元妻は調停でも持論を展開し,多額の金銭を要求したが,弁護士は適正な金額を示し,一切譲歩することなかった。
裁判所もS.Oさんに同情的になり,元妻を強く説得してくれ,S.Oさんも納得する適正な金額で調停が成立した。

相手の要求の都度支払っていたS.Oさんは,調停で支払うべき金額が確定したことで,精神的な負担を解消することができた。
また,代理人をつけたことにより,相手方からの連絡も来なくなり,安心して生活することができるようになった。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top