千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス

\ 初回相談無料 /
ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
電話受付:平日 9:30~20:00/土曜 9:30~18:00

千葉の弁護士による離婚相談
堀内 良(ほりうち りょう)

堀内 良

ご希望に沿う解決に至るために、
細かい機微の積み重ねを大事にしています。

これまで担当した事件で心に残っている事件は?

聴覚に障害をお持ちの方の事件です。

私が代理人に就いたのは調停の途中からでしたが,かなり不利な状況にあり,大幅に譲歩するよう求められている状況にありました。

その方は非常に明るく真面目な方で,勤勉で収入もあり,何よりもお子様に尽くす姿に私は感銘を受けました。

手話通訳の方と連携し,まずはその方の誤解を払拭するところから臨むようにいたしました。

結果として,早期にご希望に沿う内容で調停成立に至ることができました。

裁判所の待合室で涙を流して喜んでおられたことが印象に残っております。

離婚分野を取り組む際に大切にしていることは?

離婚分野は,感情に左右される側面が大きいこと,当事者のほかにお子様が関わること等が主な特徴として挙げられます。

紛争解決は容易ではありません。

客観的にどのようなリスクがあるのか,紛争の相手方がどのような意図で手続を進めているのか,お子様はどのようなお気持ちやご状況にあるかなどを考えることは不可欠となります。

多面的な視点からの検討を踏まえたうえで,最良の方針を練り,具体的な対応に結び付けることに努めております。

他の事務所の弁護士には負けないと思う部分は?

法的な紛争に立ち向かうにあたり,大逆転の方法が目の前にあることは非常に希です(いつもあって欲しいと思います)。

むしろ,細かい機微の積み重ねが紛争の大局を左右します。

ご希望に沿う内容での紛争解決に至るために,どのような手続を採るべきなのか,相手方に対する適切なコミュニケーションの方法は何なのか,作成する書面の文言やニュアンス,動くべき的確な時機はいつなのかといった一挙手一投足にまで細かいこだわりを持っていることは,他の事務所の弁護士に負けない点です。

プロフィール

名前 堀内 良(ほりうち りょう)
経歴 ・青森県むつ市出身
・中央大学法学部法律学科卒
・千葉大学大学院専門法務研究科修了
・千葉県弁護士会広報委員会委員
・千葉県弁護士会所属
弁護士を目指した動機 人様の人生を左右する重責に応えられるから
好きな言葉 「限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。」
資格 ・弁護士資格
・夫婦カウンセラー(一般財団法人日本能力開発推進協会認定)
趣味 ・F1テレビ観戦
・展望台巡り
好きな食べ物 ローストビーフ、鯖の竜田揚げ
所員が見た堀内弁護士 飾り気のない素朴な性格なので、言いにくいことでも話しやすいと思います。
内に熱い闘志を持ち、常に依頼者の方の苦しみを少しでも和らげようとしています。
これまでいろいろな苦労をしてきており、人の心の痛みがわかる弁護士です。
何事も諦めないで粘り強く取り組んでいます。
将来の夢 ・心理学を学び弁護士業務に活かすこと

これまで担当した事例

  • 夫から一方的に離婚を求められ生活費の支払いも拒否されていたが,生活費の支払いを維持させながら協議を進め,子が大学卒業まで夫所有不動産に無償で住みながら月14万円の養育費を受け取ること,財産分与として1000万円以上を受け取ることで合意したケース
  • 聴覚障害者の夫が親権を獲得して,早期に離婚調停が成立したケース
  • 不貞した妻に対し,協議の上で夫が親権を獲得,養育費及び慰謝料(300万円)も希望通りで合意したケース
  • 「絶対に離婚しない」「慰謝料1000万円を支払え」という妻に対し,金銭の支払いなく1か月半で離婚に至ったケース
  • 妻や子に対して暴力に及びながら離婚しない夫に対し,財産分与,養育費,慰謝料の支払いを取り決めて離婚調停を成立させたケース
  • 元配偶者に遠方に住む子どもたちと一切の接触を絶たれていたが,毎月の電話と半年に1回の直接の面会交流の審判を獲得したケース
  • 元夫が元妻に対して娘の親権者変更を求め,第一審で認容,東京高等裁判所でも判断が維持されたケース
  • 不貞した妻が,夫に少額の解決金の支払うことで離婚を成立させたケース
  • 子に対して妻を悪者扱いし,財産分与を拒否する夫に対し,母子の関係を良好に維持しながら800万円を超える財産分与で合意に至ったケース

初回無料
離婚相談のご予約受付中

043-306-3355

電話受付時間 :
平日 9:30~20:00 / 土曜 9:30~18:00