千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス

\ 初回相談無料 /
ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
電話受付:平日 9:30~20:00/土曜 9:30~18:00

千葉の弁護士による離婚相談

カテゴリ 離婚を求められた

単身赴任中に不倫をした夫から慰謝料300万円と養育費を受け取り離婚が成立した事例

ご依頼前の状況 単身赴任中の夫が職場の女性と不貞し、夫は妻に離婚を求めた。妻は当初、子どもが幼いこともあり、離婚を拒否した。 暫く夫とは音信不通になった。その間、婚姻費用を受け取っていなかった。 妻も数年して、一年発起し、離婚を決意。慰謝料...

性別
女性
年代
30代
ご依頼前の状況
単身赴任中の夫が不貞をしたが、妻は離婚を拒否し、暫く音信不通になっていた。その間生活費を受け取っていなかった。
ご依頼後の状況
弁護士介入から離婚までの間の婚姻費用を、調停をせずに夫から任意で回収。妻の希望通りの内容で、離婚条件について公正証書を作成し、離婚が成立した。

カテゴリ : 不倫・浮気協議女性婚姻費用慰謝料離婚したい離婚を求められた養育費

妻が子ども連れて県外に別居してしまったが、年に複数回の宿泊を伴う面会交流を実現し、財産分与を1000万円減額した事例

ご依頼前の状況 妻が子どもを連れて千葉県外に別居してしまった。妻は夫との接触を強く拒否していたため、子どもと会うことが難しくなっていた。依頼者は自分で面会交流調停を申し立てたが、とびら法律事務所が依頼を受けるまでの半年間は、1度だけ数時間程...

性別
男性
年代
40代
ご依頼前の状況
妻が子供を連れて県外に別居してしまった。弊所が依頼を受けるまでの半年間は、一度だけ数時間程度の面会交流ができただけであった。また、財産分与として1500万円の請求を受けていた。
ご依頼後の状況
調停中に複数回の宿泊を伴う面会交流を実現し、年に複数回の宿泊を伴う面会交流調停を成立させた。また、財産分与額を1000万円減額した

カテゴリ : モラルハラスメント性格の不一致男性虚偽DV解決金調停財産分与離婚を求められた面会交流預貯金養育費

会社経営者の妻が3000万円の解決金、不動産、月30万円以上の養育費、子の大学の学費を得て協議離婚した事例

ご依頼前の状況 複数の女性と不貞をした会社経営者の夫から離婚を求められていた。1000万円と不動産はもらえることになっていたが、会社を一緒に立ち上げ労務、経理の一切を担当してきた妻としては金額に納得していなかった。子もいるため子の学費も確保...

性別
女性
年代
40代
ご依頼前の状況
夫からは解決金1000万円と不動産の提示のみで膠着状態になっていた。
ご依頼後の状況
弁護士が粘り強く交渉し、1000万円の解決金は3000万円に、養育費も月30万円以上に、大学の学費の半分を負担してもらえることになった。

カテゴリ : モラルハラスメント不倫・浮気会社の株式の価値協議女性慰謝料自宅・不動産財産分与離婚を求められた預貯金養育費

妻から多額の慰謝料と財産分与を求められたが,財産分与を600万円以上減額し、慰謝料なしにした事例

ご依頼前の状況 夫としては,夫婦関係は円満であったと思っていたところ,妻が夫の不在時に突然自宅を出て別居を開始し,弁護士を通じて離婚の申し入れをした。夫としては長年家族のために激務に耐え,家族に尽くしてきた思いであった。当初夫は精神的に疲弊...

性別
男性
年代
50代
ご依頼前の状況
妻から突然の離婚、多額の慰謝料と財産分与を請求された。精神的に疲弊していた。
ご依頼後の状況
慰謝料はゼロ,財産分与は妻請求額から600万円以上の減額となった。支払い方法も長期の分割払いとなった。

カテゴリ : 性格の不一致慰謝料男性自宅・不動産調停財産分与退職金離婚を求められた離婚自体預貯金

本人同士の話し合いで500万円を得ていたが、さらに追加で600万円の財産分与と解決金を得た事例

ご依頼前の状況 夫婦間の話し合いでは、離婚自体は合意できていたが、モラハラ気質のある夫は威圧的で、ご依頼者様である妻は十分に自分の意見を言えない状況であった。夫婦のみの話し合いで500万円の支払いを得られていたが、適正額は1000万円であっ...

性別
女性
年代
40代
ご依頼前の状況
本人同士の話し合いでは適正金額よりも500万円も少ない財産分与の支払いしか受けられなかった。
ご依頼後の状況
離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立て,2回目の調停期日において合計600万円の追加の支払いを受けた。

カテゴリ : モラルハラスメント女性婚姻費用性格の不一致慰謝料自宅・不動産解決金調停財産分与離婚を求められた離婚を求められたが、合意していた預貯金

妻から慰謝料300万円、養育費5万円を請求されたが、慰謝料50万円、養育費2万円に減額した事例(3か月のスピード解決)

ご依頼前の状況 妻が弁護士をつけ、弁護士から手紙や電話で連絡がきていた。ご依頼者様に過去の不貞があったため慰謝料を請求されていた。慰謝料300万円、養育費月5万円の請求から全く譲歩がなく、膠着状態になっていた。 ご依頼後の状況 とびら法律事...

性別
男性
年代
40代
ご依頼前の状況
妻が代理人をつけ慰謝料と養育費を請求。金額を全く譲歩しない状況。
ご依頼後の状況
慰謝料50万円、養育費2万円に減額して解決。

カテゴリ : 不倫・浮気別居期間慰謝料男性自分が有責自宅・不動産解決金調停退職金離婚を求められた養育費

300万円の慰謝料を求められたが、逆に財産分与として300万円を得た事例

ご依頼前の状況 ご依頼者様(夫)は、妻とほとんど話合いもできない状況であった。ある日、自宅に帰ると突然妻子がいなくなり、家財もなにもなくなっていた。その後、妻から離婚調停を申し立てられたが、ご依頼者様は突然の離婚要求に納得することができず、...

性別
男性
年代
30代
ご依頼前の状況
当事者間での調停ではまともな話し合いができず、離婚訴訟を提起された。
ご依頼後の状況
離婚を争いながら、財産分与を求めて妻側の財産開示を求めた。結果、妻側の隠し財産が判明した。

カテゴリ : モラルハラスメント性格の不一致慰謝料男性解決金訴訟財産分与離婚を求められた離婚自体預貯金養育費

有責配偶者である夫から離婚を求められたが,算定表よりも多い金額の養育費と慰謝料を得られた事例

ご依頼前の状況 夫は不貞していただけでなく、ご相談者様(妻)や子に暴力を振るったり、暴言を吐いたりしていた。 しかし、妻としては子ども成育環境のためにも自宅の取得を希望していたことから、別居をすることなく夫の言動に耐えていた。 そうしたとこ...

性別
女性
年代
40代
ご依頼前の状況
不貞・DVがある夫と同居のまま、夫から離婚調停を申し立てられた。1人で離婚調停に臨むことに不安を覚えていた。
ご依頼後の状況
養育費については算定表の金額に部活動費を加算し、大学の学費についても全額夫負担。財産分与、慰謝料については十分な金額を獲得し、当初の希望であった自宅不動産も獲得して、離婚が成立した。

カテゴリ : DV・暴力モラルハラスメント不倫・浮気女性慰謝料自宅・不動産調停離婚を求められた養育費

妻から虚偽DVを主張されたが、逆に妻の不貞行為を立証し、慰謝料を獲得し離婚した事例

ご依頼前の状況 ご相談者様(夫)が妻の浮気を疑い、妻を問いただしたところ、妻は子ども達を連れて別居を開始した。夫のところに、夫が子ども達へのDVをしているという内容で離婚と慰謝料と養育費の支払いを求める内容の離婚調停の申立書が届いた。夫は、...

性別
男性
年代
40代
ご依頼前の状況
妻が子ども達を連れて別居をしたが、子ども達へのDVを主張された。ご相談者様には全く身に覚えがなかった。
ご依頼後の状況
妻の不貞行為を立証し、逆に慰謝料として200万円を獲得し、適正な養育費の支払いで離婚が成立した。

カテゴリ : DV・暴力モラルハラスメント不倫・浮気婚姻費用性格の不一致慰謝料浪費男性自宅・不動産虚偽DV調停離婚を求められた預貯金養育費

財産分与請求を1000万円以上減額したケース

ご依頼前の状況 離婚を前提に別居をしたが、妻が精神的に不安定であり、当事者間での協議が困難だった。 ご依頼後の状況 妻は、婚姻する前のご相談者様(夫)の退職金やその他の夫の特有財産についてまで財産分与を求め、1500万円を請求していた。 一...

性別
男性
年代
40代
ご依頼前の状況
離婚を前提に別居をしたが妻が精神的に不安定であり、当事者間での協議が困難だった。
ご依頼後の状況
離婚調停を申し立てて、財産分与額を大幅に減額した。

カテゴリ : モラルハラスメント性格の不一致慰謝料男性調停離婚したい離婚を求められた預貯金養育費

初回無料
離婚相談のご予約受付中

043-306-3355

電話受付時間 :
平日 9:30~20:00 / 土曜 9:30~18:00