千葉 離婚 弁護士|千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス

\ 初回相談無料 /
ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
電話受付:平日 9:30~20:00/土曜 9:30~18:00

千葉の弁護士による離婚相談
解決事例

離婚に消極的な夫に対し、夫からの財産分与請求を排除して離婚が成立した事例

性別
女性
年代
30代
ご依頼前の状況
当初,ご依頼者本人で離婚調停を申し立てた。しかし,離婚自体の話も思うように進まず,とても悩まれていた。
ご依頼後の状況
婚姻費用分担調停を申し立て,別居期間中の生活費の支払いを求めつつ,離婚に向けて話を進めた。

ご依頼前の状況

当初,ご依頼者様本人(妻)で離婚調停を申し立て,相手方(夫)と話をしていた。相手方は,「離婚するつもりはない。」「もう一度やり直したい。」などと離婚すること自体を拒否していた。今後,離婚に向けてどのように進めるべきか悩んでいた。

ご依頼後の状況

ご相談いただいたときは,離婚調停だけを申し立てた状況だった。相手方からは生活費を一切もらっておらず,生活も苦しいような状況だった。そのため,まずはご依頼者様の生活を安定させるために,追加で婚姻費用分担調停を申し立てることにした。
相手方も婚姻費用の負担が重荷に感じたのか,離婚についても前向きに考えるようになった。そうしたところ,次の争点として財産分与が出てきた。
ご依頼者様が家計管理を担っており,相手よりも依頼者名義の財産が多かった。そのため,単純に考えると,財産分与として依頼者が相手方に対して支払うような状況だった。
そこで,婚姻費用の未払や相手方の言動に基づく慰謝料を請求し,それと財産分与を相殺し,最終的にはお互い金銭的なやり取りがない条件で離婚の合意に至った。

カテゴリ : モラルハラスメント女性婚姻費用慰謝料調停財産分与離婚したい離婚自体預貯金

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる

初回無料
離婚相談のご予約受付中

043-306-3355

電話受付時間 :
平日 9:30~20:00 / 土曜 9:30~18:00