千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス

\ 初回相談無料 /
ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
電話受付:平日 9:30~20:00/土曜 9:30~18:00

千葉の弁護士による離婚相談
不倫の慰謝料を請求したい方へ

不倫の慰謝料を請求したい方へ

とてもお辛い毎日を送っておられると思います。

不貞相手に対する慰謝料請求で、一番大事なのは証拠です。その他にも、誰に対して慰謝料請求するのか、不貞相手か、ご自身の配偶者か、それともどちらにも請求するのか、いくら請求するのか、など、検討すべきことがあります。

特に、以下のケースにおいては、弁護士へのご依頼をおすすめいたします。

弁護士に依頼すべきケース

相手と直接やりとりしたくない。

ご自身の夫または妻の不倫相手と直接やりとりされたくないのは当然の心情だと思います。不倫をされたことだけでも苦しいのに、わざわざ相手の声を聞きたくもないでしょう。LINEやメールでやりとりするのも、気が進まないですよね。相手から無視されても不快ですし、連絡が来るのもつらいと思います。

最近では、不貞相手の方が開き直って、攻撃的な言葉を投げかけてくるケースもあります。

あなたがこれ以上、傷つく必要はありません。直接やりとりしたくない、相手の顔、声、文体など知りたくない、という方は、弁護士にご依頼ください。

相手が交渉に応じない。

最近では、インターネットや書籍などで慰謝料請求をする文面の例が掲載されているため、まずはご自身で内容証明郵便を送っておられる方もいます。また、SNSなどで相手の連絡先がわかり、直接メッセージを送る方もいます。

しかし、直接コンタクトをとったものの、慰謝料請求を無視する方も一定数います。弊所にもそのようなご相談が多く寄せられています。多くのケースでは、弁護士が連絡をすると、何らかのリアクションがあります。相手も弁護士をつけて交渉に応じることもよくあります。

ですので、相手が交渉に応じない場合は、弁護士にご依頼ください。

どんな証拠が必要かわからない。

慰謝料請求では、証拠がとても重要です。たとえば、ラブホテルの出入り画像、一人暮らしの相手宅に複数回宿泊している画像、性交渉の動画、性交渉があったことがわかるLINEの内容などは有力な証拠になります。ただ、これらの証拠にあてはまらない証拠でも、価値の高い証拠になるものが多数あります。また、いくつかの証拠を組み合わせて不貞関係が立証できるケースもあります。

逆に、ラブホテルの出入り画像があっても顔が不明瞭だったり、相手宅に宿泊しているもののその日は他の人も一緒に宿泊していたり、LINEの内容が怪しい内容でも性交渉があったことまではわからなかったりということもあります。

こういう証拠の判断は、不貞案件を多数扱い、裁判所の判断を知っている弁護士でなければなかなか難しいです。また、不貞でなくとも、不適切な関係ということで慰謝料が認められるケースもあります。

ですので、どんな証拠が必要かわからない方は、弁護士へのご依頼をおすすめします。

弁護士に不貞の慰謝料請求を依頼するメリット

弁護士に不貞の慰謝料請求を依頼すると、

以下のような法的なメリットがあります。

  1. 妥当な条件や見通しを知ることができる。
  2. 協議、裁判の手続きを任せられる。
  3. 書面を作ってもらえる。
  4. 提出する証拠を選んでもらえる。
  5. いつでも法的な質問ができ、疑問を解消できる。
  6. 過去の類似ケースについての解決策を聞くことができる。
  7. 裁判所に対等に意見できる。

慰謝料案件は、裁判官の裁量が大きく、額にも幅があります。

また、時代と共に不貞の慰謝料については裁判所の判断も変遷しています。

したがって、過去の類似ケースについての情報を聞けたり、いつでも法的なアドバイスをもらえることは大きなメリットになります。

 

弁護士に依頼した場合、法的なメリット以外にも、以下のようなメリットがあります。

  1. 相手とやりとりしなくてすむ。精神的な負担が軽くなる。
  2. 感情的に乱されず、冷静に判断できる。
  3. 相手が無視したり、はぐらかしたりしにくくなる。
  4. (裁判の場合)裁判所に行かなくていいため、仕事に支障が出ない。
  5. (調停の場合)調停委員に言いにくいことも代わりに言ってもらえる。
  6. 交渉や調停のその場で、有利不利、妥当、妥当でないという判断が即決でできる。
  7. できるだけのことをやったと後悔が残りにくい。
  8. 力強い味方ができ、1人で戦わなくていい。

特に不貞の慰謝料請求の場合、相手とやりとりしなくてすむ点や相手が無視したりはぐらかしたりしにくくなる点は利点だと思います。

 

弁護士への依頼を決めた際は、弁護士の中でも、特に”不貞案件を多数扱っている弁護士”に依頼しましょう。

弁護士が取り扱う分野は多岐にわたります。

病院をイメージしていただくと分かりやすいですが、おなかが痛いときには内科、目の調子が悪いときは眼科、鼻水が止まらないときには耳鼻科を受診されると思います。

弁護士も同様に、それぞれに得意な分野があります。

最後に

不貞の慰謝料請求をするときは、ご自身の精神的な負担がこれ以上大きくならないようにしましょう。

できるだけ早く不貞の慰謝料問題の解決に注力している弁護士にご相談ください。

The following two tabs change content below.

弁護士法人とびら法律事務所

累計3000件以上の離婚相談をお受けしています。所員全員がご相談者さまのお気持ちに寄り添い、温かいサービスを提供することを心がけております。相談室は明るく温かく、お話がしやすい雰囲気です。離婚は人生を左右する一大事です。精神的な負担もとても大きいものです。依頼者の方の気持ちに寄り添い、その方にとって何が一番よいのかを真剣に追求しています。 |当事務所の弁護士紹介はこちら

最新記事 by 弁護士法人とびら法律事務所 (全て見る)

初回無料
離婚相談のご予約受付中

043-306-3355

電話受付時間 :
平日 9:30~20:00 / 土曜 9:30~18:00