離婚弁護士の親身な相談【無料】女性も在籍 │ 千葉/とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~ 18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

性格の不一致から夫が妻に離婚を請求していたが,妻は離婚を拒否,婚姻費用月15万円を請求,その後,婚姻費用5万円の審判確定,離婚も合意に至った事例

名前
Hさん
ご依頼前の状況
価値観の相違により別居するも、妻は離婚を拒否。妻から円満調停の申立てとともに高額な婚姻費用の請求。
ご依頼後の状況
婚姻費用を大幅に減額した後に、離婚成立。

ご依頼前の状況

価値観の相違により別居するも、妻は離婚を頑なに拒否。
妻から夫婦関係円満調停の申立てがあるが、依頼者の夫は離婚の意思が固く膠着状態となる。
また別居中の婚姻費用についても妻から高額な請求をされていた。

ご依頼後の状況

婚姻費用については、夫が自営業であったため,妻が経費と実際の所得との区別がつかず,経費も所得だと考えて,実際の収入はもっと高額であると終始主張していた。
しかし,経費の根拠となる資料を提出し,詳細に事業の説明をしたことから,審判で,大幅な減額ができた。
その後、婚姻費用が予想外に低額であったことで、妻が離婚を拒否するメリットを失い,離婚の方向で協議を進めることができた。

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top