千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

夫の不貞の証拠が弱く,夫も不貞を否定していたが,慰謝料100万円とローンのない車をもらえた事例

名前
Uさん
ご依頼前の状況
不貞の証拠が弱く,慰謝料請求が難しい状況
ご依頼後の状況
慰謝料100万円とローンのない車を得ることができた。

ご依頼前の状況

Uさんが調査会社に依頼した調査報告書では夫の不貞の決定的証拠にはなっておらず,認めさせるのは難しい状況。
夫は強く離婚を希望しているが,どのように交渉すれば有利に話が進められるのかが分からなく困っていた。

ご依頼後の状況

弁護士は証拠は弱いが相手はこちらがどういった証拠を持っているのかはわかっていないと考え,不貞の証拠を持っていることのみを伝え夫側の反応をうかがった。
夫は不貞を一切認めず,こちらが持っている証拠の開示を求めてきた。ここで証拠を開示してしまうと立場が弱くなるため,具体的な写真などは提示せずに夫と不貞相手が会っていた日の証拠を持っているということだけにとどめた。しかしながらあくまでも不貞を認めず,交渉は膠着する。

しかし,夫が強く離婚を希望していたことから,いずれ夫は折れてくると弁護士は考え,すぐに譲歩はせず,夫の態度が軟化するのを待つことにした。

しばらくして夫から離婚調停の申立がなされる。
ここでも弁護士は納得できる条件でなければ離婚はしないというスタンスで調停に臨んだ。
調停の間に双方代理人間でも何度か交渉をし,慰謝料100万円と車をもらえることになった。

証拠が弱い場合や相手が不貞を認めない場合などでも,交渉の仕方によっては有利に話を進めることができるいい例である。

The following two tabs change content below.
弁護士法人とびら法律事務所

弁護士法人とびら法律事務所

累計3000件以上の離婚相談をお受けしています。所員全員がご相談者さまのお気持ちに寄り添い、温かいサービスを提供することを心がけております。相談室は明るく温かく、お話がしやすい雰囲気です。離婚は人生を左右する一大事です。精神的な負担もとても大きいものです。依頼者の方の気持ちに寄り添い、その方にとって何が一番よいのかを真剣に追求しています。
弁護士法人とびら法律事務所

最新記事 by 弁護士法人とびら法律事務所 (全て見る)

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top