千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

保護命令の5つの種類

保護命令には次の5つの種類があります。

(1)被害者への接近禁止命令
   6か月間、被害者の住居や勤務先等において、付きまといや徘徊することを禁止するものです。6か月経過後は、再度の接近禁止命令の申立てをすることもできます。

(2)退去命令
   2か月間、同居をしていた被害者の住居から退去することと、その住居の周辺を徘徊することを禁止するものです。
  2か月経過後は、再度の申立てをすることもできますが、他の命令よりも要件が厳しくなっています。被害者は、最初の2か月間に、同居していた家から退去して、新しい住居を構えるといいでしょう。

(3)電話等禁止命令
   6か月間、次の8種類の行動を禁止するものです。
  ①面会の要求
  ②被害者の行動を監視していると思わせるようなことを告げたり、知れるような状態にすること(例えば、今日〇〇に行ってたね、今日〇〇の服を着てたね、といったこと告げるようなイメージです)
  ③著しく乱暴または粗野な言動をすること
  ④無言電話をしたり、連続して電話、メール、FAXを送ったりすること
  ⑤夜間(午後10時から午前6時)に、電話、メール、FAXを送ること
  ⑥汚物、動物の死体など、著しく不快感や嫌悪感を抱くものを送り付けたり、知れる状態におくこと
  ⑦名誉を害することを告げたり、知れる状態におくこと
  ⑧性的羞恥心を害することを告げたり、性的羞恥心を害する文書や写真等を送り付けたり、知れる状態におくこと

  これも、6か月経過後は、再度の申立てをすることができます。

(4)子への接近禁止命令
   6か月間、子どもへの接近を禁止するものです。具体的には、子どもの住居、学校等においてつきまとったり、徘徊することを禁止します。
   子どもが15歳以上の場合は、子どもの同意も必要になります。
   また、被害者本人への接近禁止命令が出ていることが前提となります。子ども単独での接近禁止命令はできません。
   6か月経過後は、再度の申立てをすることができます。

(5)親族等への接近禁止命令
   6か月間、親族等への接近を禁止するものです。親族の住居、勤務先へのつきまとい、徘徊を禁止します。
   禁止の対象となる親族の同意が必要になります。
   被害者本人への接近禁止命令が出ていることが前提となりますので、親族のみでの接近禁止命令はできません。
   配偶者が、親族のところに押しかけて、やむなく被害者が対応するという状況を防ぐことが目的です。
   これも、6か月経過後は、再度の申立てをすることができます。

以上の通り、保護命令には、幾通りもの組み合わせが考えられます。
その人の状況に応じて、申し立てるべき命令の内容が異なりますので、よくご検討ください。

043-306-7380
電話相談、ビデオ通話相談受付中です。初回60分無料。
相談することで気持ちが楽になります。お気軽にご相談ください。
【電話受付時間:平日10:00~17:30】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
The following two tabs change content below.
弁護士法人とびら法律事務所

弁護士法人とびら法律事務所

累計3000件以上の離婚相談をお受けしています。所員全員がご相談者さまのお気持ちに寄り添い、温かいサービスを提供することを心がけております。相談室は明るく温かく、お話がしやすい雰囲気です。離婚は人生を左右する一大事です。精神的な負担もとても大きいものです。依頼者の方の気持ちに寄り添い、その方にとって何が一番よいのかを真剣に追求しています。
弁護士法人とびら法律事務所

最新記事 by 弁護士法人とびら法律事務所 (全て見る)

Return Top