千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

性格の不一致を理由に妻が離婚調停を申し立てるも,夫が離婚拒否。調停不成立直前に依頼を受け,離婚を成立させた事例

名前
Eさん
ご依頼前
妻は強く離婚希望,夫は離婚拒否
ご依頼後
離婚成立

ご依頼前の状況

妻が夫との性格の不一致を理由に調停申立て。夫は妻の離婚したい理由がわからないと離婚を頑なに拒否し、妻のこれまでの財産管理状況や子どもの養育態度についての問題点を主張し続ける。離婚そのものにも,財産分与にも,子どもの養育環境や面会交流にも争いがあり,夫は大量の自作の資料を提出して,調停委員もお手上げ状態。調停は不成立になる寸前であった。

ご依頼後の状況

弁護士は、調停の間に夫と複数回連絡をとり、夫が離婚を拒否している理由を聞いた。すると、調停ではわからなかったことが多数明らかになった。
夫自身も調停委員を介してのやりとりでは妻の本心がわからないと思っていた。
そこで、弁護士が繰り返し直接夫と話し、妻の意思や希望を伝え、夫の疑問点を解消することに努めた結果、夫が「妻の考えていることがわかった。」と離婚に同意。
財産分与や子どもの養育環境についても,粘り強く夫に説明し,財産分与や親権についても合意を得た。
夫は面会交流にもこだわっており,弁護士が就く前にはかなり子どもに負担がかかる面会交流が行われていたが,子どもの環境を安定させることの重要性を説明し,子どもの負担にならない内容での面会交流で夫も納得した。
不成立寸前だった調停が、無事成立となった。

同じような状況で悩まれている方へ

今回のケースは調停でのお互いの言い分がうまく伝わらず、不成立になりそうだったところで弁護士が入り、誤解や疑問を解消したことで離婚に至ることができたケースです。
このように、調停では、調停委員が間に入るため、自分の言い分が相手に正確に伝わっていなかったり、相手の考えていることがわからなかったりすることがあります。
こういう状況では、調停成立が大変難しくなります。
調停委員だけに頼るのではなく、その向こうにいる相手の気持ちや考えを推測して、調停成立のために何ができるのか真剣に考える弁護士をぜひ見つけてください。

The following two tabs change content below.
弁護士法人とびら法律事務所

弁護士法人とびら法律事務所

累計3000件以上の離婚相談をお受けしています。所員全員がご相談者さまのお気持ちに寄り添い、温かいサービスを提供することを心がけております。相談室は明るく温かく、お話がしやすい雰囲気です。離婚は人生を左右する一大事です。精神的な負担もとても大きいものです。依頼者の方の気持ちに寄り添い、その方にとって何が一番よいのかを真剣に追求しています。
弁護士法人とびら法律事務所

最新記事 by 弁護士法人とびら法律事務所 (全て見る)

その他の解決事例

解決事例の一覧をみる
Return Top