千葉の離婚弁護士による親身な無料相談|弁護士法人とびら法律事務所

千葉県の弁護士:とびら法律事務所の離婚相談サービス


千葉駅から徒歩3分

初回相談無料 ご予約受付中 平日夜/土曜日/即日の予約OK
043-306-7380
電話受付:(平日)9:30~20:00/(土曜)9:30~18:00
相談のご予約はこちらをクリック(24時間受付)

事実婚でも保護命令は認められますか?

接近禁止などを含む保護命令は、配偶者からの暴力を受けている場合に申し立てられるのが原則です。

では、法律上の結婚をしていない、事実婚のパートナーから暴力を受けている場合にも申し立てられるのでしょうか。

答えは、申立てできます。

配偶者暴力防止法では、配偶者の定義を次のように置いています。

第1条3項
この法律にいう「配偶者」には、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含み、「離婚」には、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にあった者が、事実上離婚したと同様の事情に入ることを含むものとする。

したがって、いわゆる事実婚の方でも保護命令を申し立てることが出来ます。

何をもって事実婚というかは一義的には定められませんが、
・同居をしている
・結婚式を挙げている
・年賀状等で夫婦として挨拶している
・子どもを2人で育てている
・日常的な友人知人関係でも、夫婦としてふるまっている
といったことから判断されます。

このように事実婚であっても、保護命令を申し立てることが出来ますので、配偶者からの暴力で悩まれている方は警察等に相談して身の安全を確保した上で、すぐに弁護士のところに相談に行きましょう。

043-306-7380
電話相談、ビデオ通話相談受付中です。初回60分無料。
相談することで気持ちが楽になります。お気軽にご相談ください。
【電話受付時間:平日10:00~17:30】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top